コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝奇作書 でんきさくしょ

1件 の用語解説(伝奇作書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんきさくしょ【伝奇作書】

歌舞伎,浄瑠璃資料。西沢一鳳(いつぽう)著。写本7編21巻。初編は《元亨釈書(げんこうしやくしよ)》をもじり《言狂作書》ともいう。初編に1843年(天保14)の自序,追加編に1851年(嘉永4)の跋があるので,およそこの間に徐々に書きつがれて成立したものと思われる。内容は,歌舞伎,浄瑠璃の作者の伝記をはじめ,狂言の筋書,評釈,実説考証,さらに作劇方法や役者の逸話,古書の写しと雑多におよぶ。作者は演劇書書肆出身の狂言作者で,本書はその豊富な資料と実体験に支えられて成っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伝奇作書の関連キーワード隅田川物西沢一鳳歌舞伎浄瑠璃狂言浄瑠璃浄瑠璃看板浄瑠璃狂言難波浄瑠璃床浄瑠璃伊藤柳枝金沢一洗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone