コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝奇作書 でんきさくしょ

世界大百科事典 第2版の解説

でんきさくしょ【伝奇作書】

歌舞伎,浄瑠璃資料。西沢一鳳(いつぽう)著。写本7編21巻。初編は《元亨釈書(げんこうしやくしよ)》をもじり《言狂作書》ともいう。初編に1843年(天保14)の自序,追加編に1851年(嘉永4)の跋があるので,およそこの間に徐々に書きつがれて成立したものと思われる。内容は,歌舞伎,浄瑠璃の作者の伝記をはじめ,狂言の筋書,評釈,実説考証,さらに作劇方法や役者の逸話,古書の写しと雑多におよぶ。作者は演劇書書肆出身の狂言作者で,本書はその豊富な資料と実体験に支えられて成っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

伝奇作書の関連キーワード山崎与次兵衛寿の門松奈河亀輔(初代)椀屋久右衛門西沢一風並木丈輔独判断角書

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android