コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西沢一鳳 にしざわいっぽう

7件 の用語解説(西沢一鳳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西沢一鳳
にしざわいっぽう

[生]享和2(1802)
[没]嘉永5(1852).12.2.
江戸時代後期の歌舞伎狂言作者。名,利助,のち九左衛門。別号,綺語堂,李叟。大坂の人。浮世草子作者西沢一風の曾孫で,家業の正本屋,貸本屋を営むかたわら歌舞伎狂言の台本も執筆した。歌舞伎,浄瑠璃の考証,随筆にすぐれた業績をあげ,著書に『伝奇作書』 (1843~51) ,『皇都午睡』 (50) ,『脚色余録』 (51) ,『綺語文章』『讃仏乗』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にしざわ‐いっぽう〔にしざは‐〕【西沢一鳳】

[1802~1852]江戸後期の歌舞伎狂言作者。大坂の人。西沢一風の曽孫。家業の書店と貸本屋を営みながら、劇作および演劇考証に励んだ。著「脚色余録」「皇都午睡(みやこのひるね)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西沢一鳳 にしざわ-いっぽう

1801-1853* 江戸時代後期の歌舞伎作者,本屋。
享和元年生まれ。西沢一風の曾孫。大坂で正本屋,貸本屋をいとなむかたわら,歌舞伎の脚本を執筆。また「伝奇作書」など演劇に関する考証随筆ものこした。嘉永(かえい)5年12月2日死去。52歳。通称は正本屋利助。別号に狂言綺語堂,李叟など。作品に「花魁莟八総(はなのあにつぼみのやつふさ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西沢一鳳

没年:嘉永5.12.2(1853.1.11)
生年:享和1(1801)
江戸後期,上方の歌舞伎狂言作者,考証家。通称正本屋利助ほか。号は李叟,狂言綺語堂ほか。俳名秋声庵蒼々,滄々。西沢一風の曾孫として大坂の演劇書肆の家に生まれ,家業のかたわら歌舞伎脚本の代作を楽しむが,天保2(1831)年以降は番付に狂言作者として名前を出し,大坂を中心に3代目中村歌右衛門らのために筆を執り,「花魁莟八総」など関与した作品は100を超える。創作の才には乏しく,むしろ長く劇界に携わった経験と文献を豊富に有する環境とを生かして著述した『皇都午睡』(1850),『伝奇作書』(51),『脚色余録』(同)ほかの演劇の考証随筆に見るべきものが多い。<参考文献>『新群書類従』1,2巻

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしざわいっぽう【西沢一鳳】

1802‐52(享和2‐嘉永5)
歌舞伎作者。一説に1801年生れ。通称正本屋利助。狂言綺語堂,李叟などと号す。大坂の演劇書肆に育ち,家業のかたわら3世中村歌右衛門,7世市川団十郎などのために,劇作の筆をとった。代表作に《花魁莟八総(はなのあにつぼみのやつぶさ)》(1830),《女猿曳諷(おんなさるひきかどでのひとふし)》(1838),《けいせい浜真砂(はまのまさご)》(1839)などがある。一方,古来の浄瑠璃,歌舞伎の脚本や文献を収集し,演劇の考証を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしざわいっぽう【西沢一鳳】

1802~1852) 江戸後期の歌舞伎脚本作者。通称、正本屋利助。浄瑠璃作者西沢一風の子孫。大坂の書肆しよしで芝居道の故実通として「伝奇作書」「脚色余録」「皇都午睡」などの随筆がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西沢一鳳
にしざわいっぽう
(1802―1852)

江戸後期の歌舞伎(かぶき)作者、考証家。本名利(理)助。別号一鳳軒。浮世草子や浄瑠璃(じょうるり)の作者を兼ねた正本屋(しょうほんや)の主人西沢一風(1665―1731)は曽祖父にあたる。家業の正本屋と貸本屋を経営、そのかたわら戯作(げさく)、狂歌、俳諧(はいかい)を試みた。文政(ぶんせい)年間(1818~30)には狂言作者奈河一洗(ながわいっせん)、奈河晴助(はるすけ)や金沢竜玉(りゅうぎょく)(3世中村歌右衛門(うたえもん)の筆名)の代作をした。狂言作者として名を出したのは1830年(天保1)からで、2世中村富十郎や3世中村歌右衛門らのために作品を書いた。晩年は家業を義弟に譲って演劇の考証に専念。台本に『けいせい稚児淵(ちごがふち)』『花魁莟八総(はなのあにつぼみのやつぶさ)』(八犬伝)、『けいせい浜真砂(はまのまさご)』(女五右衛門(おんなごえもん))などがあるが、創作より脚色・改作が多い。考証随筆『伝奇作書』『皇都午睡(みやこのひるね)』『脚色余録』などは貴重な演劇資料となっている。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西沢一鳳の言及

【江戸っ子】より

…そして〈おらァ江戸っ子だ〉などと,江戸生れをやたらに自慢する者が多くなった。幕末期に西沢一鳳が著した《皇都午睡》には,〈二親共に江戸産れの中に出来たは真の江戸子なれど(中略),二親の内何れぞ江戸の者なれば,相手は皆他国の者也。然れば大方が斑(まだら)といふ者にて,江戸子一歩,斑三歩,残り六歩は皆他国在郷ものゝ寄合の中にて江戸へ出会して出生せしなれば,やはり田舎子也。…

【伝奇作書】より

…歌舞伎,浄瑠璃資料。西沢一鳳(いつぽう)著。写本7編21巻。…

【望月】より

…もう一つは通称《今様望月》で,82年東京新富座初演。西沢一鳳の遺稿に河竹黙阿弥が補筆。3世杵屋正次郎作曲。…

※「西沢一鳳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西沢一鳳の関連キーワード狂言作者上方歌舞伎江戸狂言歌舞伎狂言上方狂言古今節離れ狂言立作者田島此助(初代)浜松歌国

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone