伝染呪術(読み)でんせんじゅじゅつ(英語表記)contagious magic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝染呪術
でんせんじゅじゅつ
contagious magic

イギリスの人類学者 J.フレーザーによって提唱された共感呪術の2つの型のうちの一つ。感染呪術とも訳される。かつて接触の状態にあったものは,たとえ遠く空間をへだてたのちでも,一方に対してなされたすべてのことが,必ず他の一方にも同じ影響を与えるという原理が,この型の呪術の論理的基盤となっている。たとえば,ある人が他人を傷つけ,病気や死に陥れたいと望むとき,その人は相手の髪の毛や爪あるいは衣服の一部などを手に入れ,それを刺したり焼いたりすれば,直接手を下さなくても相手を病気にしたり,死なせることができるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android