伝葉善迦(読み)でんよう ぜんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伝葉善迦 でんよう-ぜんか

?-? 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)竜源寺の笑顔正忻(しょうがん-しょうきん)(?-1536)の法をつぎ,同寺の住持となる。常陸(ひたち)(茨城県)円通寺にうつり,晩年には下総(しもうさ)結城(ゆうき)(茨城県)の安穏(あんのん)寺を再興した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android