コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝葉善迦 でんよう ぜんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伝葉善迦 でんよう-ぜんか

?-? 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)竜源寺の笑顔正忻(しょうがん-しょうきん)(?-1536)の法をつぎ,同寺の住持となる。常陸(ひたち)(茨城県)円通寺にうつり,晩年には下総(しもうさ)結城(ゆうき)(茨城県)の安穏(あんのん)寺を再興した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伝葉善迦の関連キーワード戦国時代曹洞

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android