コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴清縄 ともの きよただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴清縄 ともの-きよただ

?-? 平安時代前期の貴族の従者。
貞観(じょうがん)8年(866)応天門の炎上は主人伴善男による放火だと告発した大宅鷹取(おおやけの-たかとり)の娘を殺害。拷問をうけ,放火犯は善男の子中庸(なかつね)らであると自白。共謀者として佐渡に流された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android