コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伸し掛(か)る ノシカカル

1件 の用語解説(伸し掛(か)るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のし‐かか・る【伸し掛(か)る】

[動ラ五(四)]
からだを伸ばして相手の上におおいかぶさる。「―・って押さえこむ」
頭ごなしに押さえつけようとする。かさにかかる。
「―・るような疳癪声を出して」〈秋声あらくれ
責任・負担などが身の上におおいかぶさる。「借金の重圧が肩に―・る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone