荒くれ(読み)あらくれ

精選版 日本国語大辞典「荒くれ」の解説

あら‐くれ【荒くれ】

〘名〙
[1] (形動) (動詞あらくれる」の連用形の名詞化) 気質動作の荒々しいこと。乱暴なこと。また、そのさまやその人。
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙坑夫「仲間といふはあらくれの、人形(ひとがた)したるなり」
[2] (あらくれ) 小説徳田秋声作。大正四年(一九一五)「読売新聞」に発表。結婚を強要され、養家を飛び出したお島を主人公に、本能のままに行動する女の流転を描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「荒くれ」の解説

あらくれ[書名]

徳田秋声長編小説。大正4年(1915)発表。勝気なお島が、本能の赴くままに生きようと男から男へと渡り歩き傷ついていく流転の半生を、写実的に描く。

あら‐くれ【荒くれ】

気性や振る舞いが荒々しいこと。また、その人。「荒くれ男」
[補説]書名別項。→あらくれ
[類語]乱暴狼藉ろうぜき無法乱行らんぎょう蛮行ばんこう暴状暴挙暴行暴力・腕力沙汰ざた粗暴凶暴狂暴猛悪野蛮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android