コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらくれ アラクレ

3件 の用語解説(あらくれの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あらくれ[書名]

徳田秋声長編小説。大正4年(1915)発表。勝気なお島が、本能の赴くままに生きようと男から男へと渡り歩き傷ついていく流転の半生を、写実的に描く。

あら‐くれ【荒くれ】

気性や振る舞いが荒々しいこと。また、その人。「荒くれ男」
[補説]書名別項。→あらくれ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

あらくれの関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)国連教育科学文化機関ユネスコUNESCO

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あらくれの関連情報