コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置情報サービス イチジョウホウサービス

2件 の用語解説(位置情報サービスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちじょうほう‐サービス〔イチジヤウホウ‐〕【位置情報サービス】

GPSなどの位置情報機能を搭載したスマートホンタブレット型端末の利用者に対して、現在位置を知らせるサービス。地図の検索や交通情報の提供などに利用される。ロケーションベースサービス。LBS(location based service)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

位置情報サービス
いちじょうほうさーびす
Location Based Services

おもに携帯電話やスマートフォンなどで、現在の位置情報を利用するアプリインターネットサービスの総称。略称LBS。全地球測位システムGPS)やモバイルデータ通信Wi-Fi(ワイファイ)などから得られる情報をもとに割り出された位置情報をアプリなどを通じて利用するため、位置情報アプリとよばれるほか、ジオメディアともよばれることがある。
 典型的な位置情報サービスとしては、スマートフォンの地図アプリを利用して測位された現在位置付近にある施設や地点などを探し出し、目的地の情報を見たり、移動時間を予測したり、適切な交通手段を選んだりするものがあげられる。スマートフォンなどを紛失した時に、端末のある場所を探したり、遠隔操作で端末をロックしたりといった利用者の安全を守る機能も、位置情報サービスの一例である。また、特定の人(子供などの家族、待ち合わせた相手など)や所有物(携帯端末、車両など)の現在位置を確認したり、緊急通報を発信して警備会社やJAF(日本自動車連盟)から救援を受けられるなど、さまざまな分野や場所で利用が広がっている。
 スマートフォンやGPS内蔵カメラなどで作成した写真や投稿には、位置情報サービスで得られた現在位置の緯度と経度に関する数値情報がメタデータに追加される。この追加情報をジオタグという。ジオタグに対応しているアプリやインターネットサービスでは、自動的に地図上に写真を配置して閲覧したり、撮影場所ごとに選別して表示したりすることができる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

位置情報サービスの関連キーワードiアプリフォーカスロックビームNEXTSTEPセック第二世代携帯電話Portable Navigation Device移動基地局フィーチャーホンジオメディア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

位置情報サービスの関連情報