コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置情報サービス イチジョウホウサービス

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

位置情報サービス
いちじょうほうさーびす
Location Based Services

おもに携帯電話やスマートフォンなどで、現在の位置情報を利用するアプリやインターネットサービスの総称。略称LBS。全地球測位システム(GPS)やモバイルデータ通信、Wi-Fi(ワイファイ)などから得られる情報をもとに割り出された位置情報をアプリなどを通じて利用するため、位置情報アプリとよばれるほか、ジオメディアともよばれることがある。
 典型的な位置情報サービスとしては、スマートフォンの地図アプリを利用して測位された現在位置付近にある施設や地点などを探し出し、目的地の情報を見たり、移動時間を予測したり、適切な交通手段を選んだりするものがあげられる。スマートフォンなどを紛失した時に、端末のある場所を探したり、遠隔操作で端末をロックしたりといった利用者の安全を守る機能も、位置情報サービスの一例である。また、特定の人(子供などの家族、待ち合わせた相手など)や所有物(携帯端末、車両など)の現在位置を確認したり、緊急通報を発信して警備会社やJAF(日本自動車連盟)から救援を受けられるなど、さまざまな分野や場所で利用が広がっている。
 スマートフォンやGPS内蔵カメラなどで作成した写真や投稿には、位置情報サービスで得られた現在位置の緯度と経度に関する数値情報がメタデータに追加される。この追加情報をジオタグという。ジオタグに対応しているアプリやインターネットサービスでは、自動的に地図上に写真を配置して閲覧したり、撮影場所ごとに選別して表示したりすることができる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

位置情報サービスの関連キーワードxlocation harassmentスマートフォン・タブレット型端末用語eznavigation地理情報システムIngressiBeaconジオメディアEZwebセック

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位置情報サービスの関連情報