コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低タンパク血症(低蛋白血症) ていたんぱくけつしょうhypoproteinemia

世界大百科事典 第2版の解説

ていたんぱくけつしょう【低タンパク血症(低蛋白血症) hypoproteinemia】

血液中の総タンパク質量(正常値6.5~8.0g/dl)あるいはアルブミン(正常値3.8~4.8g/dl)が病的に低下した状態をいう。大出血後などの血液希釈の場合を除いて,タンパク質摂取・供給不足(飢餓,栄養不足,膵炎,吸収不良症候群など),合成障害(肝臓疾患,妊娠),分解亢進(結核などの慢性炎症,甲状腺機能亢進症,糖尿病,癌),そしてアルブミンの喪失(潰瘍性大腸炎ネフローゼ症候群,腹水,火傷・皮膚疾患などによる)により生じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android