コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膵炎 すいえん pancreatitis

翻訳|pancreatitis

7件 の用語解説(膵炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膵炎
すいえん
pancreatitis

急性膵炎と慢性膵炎がある。膵臓がつくる消化酵素は通常は不活性で,十二指腸に分泌されてから活性になる。急性膵炎はなんらかの原因で膵臓に急性の炎症が生じ,酵素が膵臓の中で活性化されて膵臓自身が消化され,壊死を起すとともに,酵素が血中に逸脱して全身に症状が出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

膵炎

急性膵炎と慢性膵炎がある。急性膵炎は種々の原因により、膵臓から分泌される酵素が活性化され、膵臓の組織を自己消化した病態。慢性膵炎は膵炎としての臨床像が六カ月以上続くもので、持続・断続する腹痛、圧痛があるのが特徴。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

膵炎

 膵臓の炎症性疾患.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

すいえん【膵炎】

《どんな病気か?》
〈自己消化で起こる急性膵炎、細胞が線維化する慢性膵炎〉
 膵炎(すいえん)には急性膵炎と慢性膵炎があります。膵臓は、たくさんの種類の消化酵素(しょうかこうそ)を分泌(ぶんぴつ)していますが、本来なら十二指腸(じゅうにしちょう)ではじめて活動するはずのこれらの酵素が、膵臓内で働いてしまい、自己消化を起こす病気が急性膵炎です。
 強い腹痛が数日間続き、急性呼吸不全や腎不全(じんふぜん)、敗血症(はいけつしょう)などを起こし、死亡する危険もあります。原因は、胆石(たんせき)が胆管につまり膵液が逆流して起こるもの、アルコールの飲みすぎ、高脂血症(こうしけっしょう)、糖尿病(とうにょうびょう)などさまざまですが、原因不明の場合も少なくありません。
 慢性膵炎は、長期にわたる炎症により、細胞が線維化し、機能が低下する病気です。胆石症、肝炎(かんえん)、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)、糖尿病などの病気が原因のこともありますが、6割はアルコールの過剰摂取によるものです。腹痛のほかに、膨満感、食欲不振、嘔吐(おうと)などの症状が、月に数回、あるいは年に数回現れます。
《関連する食品》
〈糖の代謝にかかわる亜鉛を十分にとる〉
○栄養成分としての働きから
 飲食をすると胃液が分泌され、膵臓を刺激するため、発作時(ほっさじ)には絶食・絶飲し、点滴で栄養補給をします。回復してきたら、流動食からかゆ食、ご飯とおかずへと徐々に移行しますが、膵液の分泌を抑えるため、脂肪は制限します。
 ただし、慢性膵炎の場合は治療が長期にわたるため、脂肪を制限しすぎると、必須脂肪酸(ひっすしぼうさん)ビタミンの欠乏が起こります。症状が安定したら、1日に大さじ1杯程度の植物油はとるようにしましょう。
 膵臓は糖質、脂質、たんぱく質を分解する消化酵素を分泌するほか、血糖(けっとう)を調節するインスリングルカゴンの分泌もつかさどっています。
 インスリンの成分ともなっているのが亜鉛(あえん)で、糖質の代謝にかかわるだけでなく、免疫力を高めるリンパ球などの機能を助ける働きもあることから、不足すると炎症を悪化させることもあります。亜鉛は大量調理などの加工によって失われやすいので、外食やできあいのおそうざいの利用をできるだけ避けて、亜鉛を多く含むカキ、ホタテガイ、鶏ささみ、そばなどの食品で十分に補充する必要があります。
 膵臓をスムーズ働かせるには、バランスのよい食事がいちばんです。甘い菓子類やファーストフードなどにかたよった食事は禁物。ミネラルや各種ビタミンが総合的に摂取できるよう、野菜やくだものもかかさずとりましょう。
 また、カフェインの多い飲みものや炭酸飲料香辛料のとりすぎもよくないのでひかえます。アルコール性の膵炎の場合、禁酒が必要なことはいうまでもありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

すいえん【膵炎 pancreatitis】

膵臓に炎症を伴う疾患。膵臓炎ということもある。1963年,マルセイユにおいて膵炎シンポジウムが開催され,膵炎は,(1)急性膵炎,(2)再発性急性膵炎,(3)慢性再発性膵炎,(4)慢性膵炎に分類するとの統一見解が出された。急性膵炎(上記(1)(2))が膵臓の一過性の急性反応と定義されるのに対し,慢性膵炎((3)(4))は炎症を起こす原因や因子をとり除いても,膵臓の形態的,機能的な障害が不可逆的であったり,あるいは進行するものとみなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいえん【膵炎】

膵臓の炎症の総称。急性と慢性がある。胆石症やアルコール過飲などが誘因と考えられている。膵臓炎。 → 膵臓壊死

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膵炎
すいえん
pancreatitis

膵臓の炎症性病変で、膵臓炎ともいい、急性膵炎と慢性膵炎に分けられる。慢性膵炎は、別項目(慢性膵炎)で解説してあるので、ここでは急性膵炎について述べる。[中山和道]

急性膵炎

膵臓の急性の炎症で、ほかの隣接する臓器や遠隔臓器にも影響を及ぼしうる。膵液中には強烈な消化酵素が豊富に含まれており、何らかの理由で消化酵素が膵臓内で活性化すると膵臓自身が溶けてしまい、消化酵素が血中に逸脱し全身に散布される。このように、膵臓の自己消化を契機に発症する急性の炎症である。軽度の腹痛を訴えるだけの軽症から、短時間で多臓器不全に陥る重症まである。成因でもっとも多いのはアルコール多飲で、特発性(原因不明)、胆石症がこれに次ぐ。逆行性膵管造影検査、膵損傷、薬物性などにもみられる。
 症状としては、大多数は突然発症し、上腹部痛を伴い背中に放散する。腹痛は持続性で背中を丸めてエビ型姿勢をとるといくらか軽快する。悪心(おしん)、嘔吐(おうと)がみられ、腹部膨満感もしばしば出現する。圧痛は、初期は軽度で、病変が進行すると抵抗、反跳痛がみられるようになる。発熱をきたすが、38℃を超えることは少なく、高熱を呈するときは胆道感染症を疑う。重症になってくると、腸閉塞症状、さらに血圧下降、頻脈、冷汗などのショック症状を呈してくる。血性滲出(しんしゅつ)液が皮下組織に移動すると、へその周囲(カレン徴候)や側腹部に皮膚溢血(いっけつ)班(グレイ・ターナー徴候)をみることがある。
 検査成績では、血清アミラーゼは発症後1~2日で最高値に達し、遅れて尿アミラーゼの高値が持続する。白血球増加を伴う。胆石性急性膵炎では、しばしば閉塞性黄疸(おうだん)をきたし、それ以外の急性膵炎でも炎症が胆道におよぶため軽度の黄疸を呈することがある。重症例では低カルシウム血症や血液濃縮を示し、腎障害を合併するため、血清中尿窒素や尿中クレアチニンの上昇をみることがある。X(エックス)線検査では局所的な腸閉塞による腸管ガス像が出現する。超音波検査は、最初に行われるべき検査の一つでありCT(computed tomography)は消化管ガスや腹壁・腹腔内の脂肪組織の影響を受けることなく、客観的な局所画像を描出することが可能である。膵腫大、膵周囲の炎症性変化、液体貯留、膵実質densityの不均一化などがみられる。
 治療としては、膵臓の局所の病変でありながら、比較的早期に全身の重要臓器に多彩な障害を伴うことから全身管理に注意しながら保存的療法を行う。出血性や壊死性の重症膵炎では、ショックや腎不全が出現しやすく死亡率は高い。絶食させて炎症に伴う循環血漿(けっしょう)量の低下を補うために十分な補液を行う。鎮痛薬は持続的な激しい疼痛(とうつう)のコントロールに重要であり、重症例には膵移行性の高い広域スペクトラムの抗菌薬の予防投与が必要である。また、タンパク分解酵素阻害薬の投与も行われている。膵膿瘍に対しては経皮的または外科的ドレナージ術が、感染性膵壊死には開腹による膵壊死部摘出術が行われる。重症例は高次医療施設への搬送が望まれる。[中山和道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の膵炎の言及

【膵臓】より

…このようなわけで,膵臓はあまり注目されなかった臓器であり,外国の教科書にもsilent organ(沈黙の臓器)と書かれており,平素は,その存在が気づかれずにいる臓器である。しかし近年,膵臓の病気が注目されてきているが,これは,診断法の進歩によりそれと診断される例が多くなり,また実際に,急性膵炎,慢性膵炎,膵癌など膵臓の病気が増加しているからである。
[位置と形]
 ヒトの膵臓は腹部の深部に位置し,第1,2腰椎の前,胃の後方にあり,腹部の血管系と密接にかかわりあっている腹膜後臓器である。…

※「膵炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

膵炎の関連キーワード散瞳自己消化膵臓炎gastro intestinal bleedingオートファゴソームオートリシス膜消化ゴルフ肘外傷急性期けいれん自己消光

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膵炎の関連情報