コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低木層 テイボクソウ

デジタル大辞泉の解説

ていぼく‐そう【低木層】

森林を階層構造としてみたとき、高さ1、2メートルの低木が生えている部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の低木層の言及

【植物群落】より

…これを階層構造stratificationという。一般に高木層,低木層,草本層,蘚苔(せんたい)層に分けられるが,階層が何層になるかとか,どれだけはっきり区別できるかどうかは森林によって異なり,熱帯多雨林において最も階層構造が発達する。 植物群落では,植物の生存にとって不可欠な光が高さとともに低減するので,光をめぐる植物間の高さの関係が重要になる。…

※「低木層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

低木層の関連キーワードコビトドリ(小人鳥)オタテドリ(尾立鳥)トラツグミ(虎鶫)小笠原諸島照葉樹林高木層コルリ夏緑林樹林森林

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android