コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低温処理 ていおんしょりlow-temperature treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低温処理
ていおんしょり
low-temperature treatment

増収や収穫時期の変動を目的に,種子や苗を人工的に一定期間低温下におくこと。作物の種類によっては一定の低温にあわなければ開花や結実をしないものがあるが,このような性質を逆に利用して,発芽した種子や苗を低温処理すれば端境期に商品として出荷して高収益をあげることも可能になる。いちごでは夏から秋にかけて苗を通常 1000m以上の高冷地で 30~90日前後栽培,あるいは冷蔵庫で0℃に 30日前後貯蔵し,そのあとハウスなどで栽培して収穫期を早めることができる。これに準じた方法はシンビディウム,君子蘭などの花卉でも行われている。処理温度と日数は作物によって異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

低温処理の関連キーワードコールド・チェーン真正染色質ヤロビ農法表現型模写フリージア食品保存春化現象脱脂大豆春化処理日光市食用油倍数体LTP育種催芽

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低温処理の関連情報