結実(読み)けつじつ

精選版 日本国語大辞典「結実」の解説

けつ‐じつ【結実】

〘名〙
草木をむすぶこと。みのること。また、その実。
※鹿苑日録‐明応八年(1499)七月一日「庭前桃樹結実」
② (比喩的に) 努力の効果があらわれて、よい結果が得られること。成果をむすぶこと。また、結果として生じること。
※日本文化私観(1942)〈坂口安吾〉一「インスピレーションは、多く模倣の精神から出発して、発見によって結実する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「結実」の解説

けつ‐じつ【結実】

[名](スル)
植物が実を結ぶこと。「結実期」
努力した結果として、成果が得られること。「長年の努力が結実した」
[類語](1実る生る実を結ぶ鈴生り実り末生うらな本生り二度生り/(2金字塔遺産実績成績業績成果偉業遺業勲功偉功事績足跡収穫実り治績功績功労手柄殊勲偉勲巨歩実る成就達成大成速成適う実現完成成立成り立つ成る出来しゅったい出来る出来上がる樹立確立存立打ち立てる成功奏功上首尾開花実を結ぶ花開く物になる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android