コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住み離る(読み)スミハナル

デジタル大辞泉の解説

すみ‐はな・る【住み離る】

[動ラ下二]
すみかを離れる。世間から離れて住む。
「思ひ棄て給へる世なれども、今はと―・れなむをあはれにおぼさる」〈・橋姫〉
住まいを別にする。別々に住む。
「同じ家の内なれど、方異(かたこと)に―・れてあり」〈更級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみはなる【住み離る】

( 動下二 )
住居を離れる。世間から離れる。 「尼になりて同じ家の内なれど、方異かたことに-・れてあり/更級」
愛情が薄れて夫が妻の所へ来なくなる。 「さばかり-・れたる所ある御心に/とりかへばや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android