コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住友化学工業[株] すみともかがくこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

住友化学工業[株]【すみともかがくこうぎょう】

別子(べっし)銅山の製錬廃ガスを原料とする肥料製造所が1925年住友肥料製造所として独立,1934年住友化学工業に,さらに2004年10月住友化学と改称。染料・農医薬・合成樹脂・軽金属などに進出した総合化学工業会社。総合化学大手。ファインケミカル分野を充実,カリウム,炭素繊維などの新素材を開発。三井化学と2001年10月にポリオレフィン部門を統合したが,全面統合は見送り。情報電子化学分野で成長。本社東京,工場愛媛,千葉,大阪ほか。2011年資本金896億円,2011年3月期売上高1兆9824億円。売上構成(%)は,基礎化学13,石油化学33,精密化学4,情報電子化学16,農業化学11,医薬品19,その他5。海外売上比率53%。→化学工業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すみともかがくこうぎょう【住友化学工業[株]】

日本を代表する総合化学企業の一つ。本社大阪市中央区。農薬,医薬品を中心とするファインケミカル部門は総合化学企業のなかでも最強。1913年住友別子銅山四阪島製錬所の廃ガス利用により,硫酸,過リン酸肥料を製造するための工場として住友総本店内に創業された。25年,(株)住友肥料製造所として独立し,以後アンモニア,メタノール,硝酸系製品等化学工業の基幹部門をそろえ,34年住友化学工業(株)と改称された。その後石炭化学,アルミニウム製錬にも進出し,44年には日本染料製造の合併により有機化学部門を加えて総合化学企業としての体制を整えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android