コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住江甚兵衛 すみのえ じんべえ

1件 の用語解説(住江甚兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住江甚兵衛 すみのえ-じんべえ

1825-1876 幕末の武士。
文政8年10月8日生まれ。住江松翁(しょうおう)の3男。肥後熊本藩士。肥後勤王党の中心となり活躍。文久2年長岡護美(もりよし)にしたがい京都にゆき,翌年禁裏守護兵になるが,八月十八日の政変で帰藩して謹慎。維新後,藩の権(ごんの)大参事となる。明治9年10月12日死去。52歳。名は訓一。通称はのち甚三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

住江甚兵衛の関連キーワードアメリカ音楽トルコ文学秋月の乱スラブ音楽アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧タスマニア[人]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone