コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住江甚兵衛 すみのえ じんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住江甚兵衛 すみのえ-じんべえ

1825-1876 幕末の武士。
文政8年10月8日生まれ。住江松翁(しょうおう)の3男。肥後熊本藩士。肥後勤王党の中心となり活躍。文久2年長岡護美(もりよし)にしたがい京都にゆき,翌年禁裏守護兵になるが,八月十八日の政変で帰藩して謹慎。維新後,藩の権(ごんの)大参事となる。明治9年10月12日死去。52歳。名は訓一。通称はのち甚三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

住江甚兵衛の関連キーワード産業革命史(年表)おもなお雇い外国人ピントアメリカ音楽トルコ文学リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android