佐々 弘雄(読み)サッサ ヒロオ

20世紀日本人名事典の解説

佐々 弘雄
サッサ ヒロオ

大正・昭和期の法学者,政治評論家 九州帝大教授;熊本日日新聞社長;参院議員(緑風会)。



生年
明治30(1897)年1月23日

没年
昭和23(1948)年10月9日

出生地
熊本県熊本市

学歴〔年〕
東京帝大法学部政治学科〔大正9年〕卒

経歴
東京帝大助手、外務省嘱託を経て、九州帝大教授に就任するが、昭和3年九大事件で大学を追われる。その後、9年東京朝日新聞論説委員、のち同論説主幹、熊本日日新聞社長を歴任。11〜15年昭和研究会のメンバーとなり、新体制運動の理論家として活動。戦後、22年第1回参院議員選挙(全国区)に立候補して当選。政治評論家としても知られ、著書に「日本ファッシズムの発展過程」「人物春秋」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

佐々 弘雄
サッサ ヒロオ


肩書
参院議員(緑風会),九州帝大教授,熊本日日新聞社長

生年月日
明治30年1月23日

出生地
熊本県熊本市

学歴
東京帝大法学部政治学科〔大正9年〕卒

経歴
東京帝大助手、外務省嘱託を経て、九州帝大教授に就任するが、昭和3年九大事件で大学を追われる。その後、9年東京朝日新聞論説委員、のち同論説主幹、熊本日日新聞社長を歴任。11〜15年昭和研究会のメンバーとなり、新体制運動の理論家として活動。戦後、22年第1回参院議員選挙(全国区)に立候補して当選。政治評論家としても知られ、著書に「日本ファッシズムの発展過程」「人物春秋」などがある。

没年月日
昭和23年10月9日

家族
父=佐々 友房(衆院議員) 息子=佐々 淳行(評論家・防衛施設庁長官) 娘=紀平 悌子(参院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐々 弘雄 (さっさ ひろお)

生年月日:1897年1月23日
大正時代;昭和時代の法学者;政治評論家。九州帝大教授;参議院議員
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android