コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々三雄 さっさ みつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々三雄 さっさ-みつお

1910-1947 昭和時代の小説家。
明治43年3月7日生まれ。早大在学中に「早稲田文科」同人となり,「峰」「憂碑」などを発表。のち「朱鳥」同人。昭和13年私小説「献身」で日中戦争初期の日常生活と心情をえがき,浅見淵(ふかし),平野謙(けん)らにみとめられた。昭和22年2月24日死去。38歳。愛知県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々三雄の関連キーワード昭和時代小説家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android