コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅見淵 あさみ ふかし

2件 の用語解説(浅見淵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅見淵 あさみ-ふかし

1899-1973 昭和時代の小説家,評論家。
明治32年6月24日生まれ。昭和3年丹羽(にわ)文雄らと「新正統派」を創刊したほか,おおくの同人誌にくわわる。私小説風の作品や作家論,作品論などを発表した。昭和48年3月28日死去。73歳。兵庫県出身。早大卒。小説に「目醒(めざまし)時計」「手風琴」,評論に「昭和の作家たち」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅見淵
あさみふかし
(1899―1973)

小説家、評論家。神戸に生まれる。早稲田(わせだ)大学国文科卒業。1926年(大正15)10月『新潮』新人号に『アルバム』を発表。以後、身辺に材をとった私小説風の作品を多く書いた。小説集に『目醒時計(めざましどけい)』(1937)、『手風琴(てふうきん)』(1942)など。文芸評論にも作家の体験が生かされ、その親身な批評態度が評価される。評論集に『現代作家研究』(1936)、『昭和の作家たち』(1957)など。『昭和文壇側面史』(1968)ほかの回想にも私的文壇記録の趣がある。[保昌正夫]
『『浅見淵著作集』全三巻(1974・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅見淵の関連キーワード桜田常久橘外男貴司山治翁久允古木鉄太郎摂津茂和寺崎浩中野実野沢純横山美智子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone