佐々木丞平(読み)ささき じょうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木丞平 ささき-じょうへい

1941- 昭和後期-平成時代の美術史学者。
昭和16年4月23日生まれ。文化庁文化財保護部の技官,文化財調査官などをへて,平成3年母校京大の教授となる。11年妻の正子とともに「円山応挙研究」で学士院賞初の夫婦共同受賞。17年京都国立博物館長。兵庫県出身。著作に「与謝蕪村」「浦上玉堂」「応挙写生画集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木丞平の関連情報