コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木只三郎 ささき たださぶろう

2件 の用語解説(佐々木只三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木只三郎 ささき-たださぶろう

1833-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。手代木勝任(てしろぎ-かつとう)の弟。幕府浪士組取締出役となる。文久3年浪士組を尊攘(そんじょう)運動に利用しようとした清川八郎を暗殺。のち京都見廻組頭。慶応3年坂本竜馬の暗殺を指揮したという。鳥羽・伏見の戦いで負傷し,慶応4年1月死去。36歳。江戸出身。名は泰昌。号は高城。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木只三郎

没年:明治1.1.12(1868.2.5)
生年:天保4(1833)
幕末維新期の京都見廻組与頭で,清河八郎,坂本竜馬殺害の指揮者といわれる。会津藩(福島県)藩士佐々木源八の3男。名ははじめ泰昌。幕臣佐々木弥太夫の養子になり高城と改名。会津藩士手代木直右衛門は実兄。文久3(1863)年清河ら上洛浪士組の取締並出役。上洛後,清河らと共に帰府。江戸麻布赤羽橋で清河斬殺の指揮をとる。翌元治1(1864)年京都見廻組に転じて再上洛。竜馬殺しの指揮をとったといわれる。明治1(1868)年の鳥羽・伏見の戦で被弾。大坂から和歌山紀三井寺へ後送され,同所にて死去。<参考文献>市居浩一「京都見廻組の概要」(『霊山歴史館紀要』2号)

(釣洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐々木只三郎の関連キーワード松平定敬佐々木高城芹沢鴨見廻組NHK大河ドラマ今井信郎押小路甫子藤堂平助宮地正人結城無二三

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone