コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手代木勝任 てしろぎ かつとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手代木勝任 てしろぎ-かつとう

1826-1904 江戸後期-明治時代の武士,官吏。
文政9年3月9日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。松平容保(かたもり)につかえ,安政6年監察となり,のち京都会津藩公用人を兼務。奥羽越列藩同盟を推進し,戊辰(ぼしん)戦争後は美濃(みの)(岐阜県)などに幽閉される。明治4年ゆるされ,香川県・高知県権参事などをつとめた。明治37年6月3日死去。79歳。本姓は佐々木。通称は直右衛門(すぐえもん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

手代木勝任の関連キーワード佐々木只三郎佐々木高城明治時代官吏