高城(読み)たかじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高城
たかじょう

宮崎県南西部、北諸県(きたもろかた)郡にあった旧町名(高城町(ちょう))。現在は都城市(みやこのじょうし)の北東部を占める地域。旧高城町は1934年(昭和9)町制施行。2006年(平成18)都城市に合併。旧町域は高城町を冠する大井手(おおいで)、桜木(さくらぎ)、穂満坊(ほまんぼう)、石山、有水(ありみず)、四家(しか)の6大字(おおあざ)からなる。中世城館高城、別名月山日和城跡(がっさんひわじょうし)があり、近世は高城郷であった。旧町域の西部を大淀(おおよど)川が北流し、都城盆地の北東部を占める。国道10号が通る。荘園(しょうえん)時代は島津荘三俣院(しまづのしょうみまたのいん)に属した。高城は中世、南朝方の南九州の一拠点で、後の戦国時代に伊東氏から薩摩(さつま)島津氏の領有となったが、元和の一国一城令で廃された。農業が中心で、サトイモ、葉タバコなどのほか畜産も盛ん。高城城跡のほか、石山観音池、城跡東部の台地上には牧之原古墳群(まきのはらこふんぐん)がある。

[横山淳一]

『『高城町史』(1989・高城町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

たか‐き【高城】

山地にある城。高い土地に構えたとりで。
「宇陀(うだ)の―に鴫罠(しぎわな)張る」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高城
たかじょう

宮崎県南西部,都城市北東部の旧町域。都城盆地の北東部にある。 1934年町制。 2006年都城市,山之口町,山田町,高崎町と合体して都城市となった。江戸時代は薩摩藩領。大淀川中流の東岸地域を占め,主産業は農業で,米,サツマイモ,サトイモ,ゴボウなどを産し,畜産も行なわれる。観音池公園,石山観音寺,牧原古墳などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たか‐き【高城】

〘名〙 高い山や岡の上に築かれた城郭。
※古事記(712)中・歌謡「宇陀の 多加紀(タカキ)に 鴫罠張る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高城の言及

【松島[町]】より

…松島丘陵の東部を占め,松島の浮かぶ松島湾に面する。高城(たかぎ)川河口にある高城が中心集落で,近世には宿場町,漁港であった。松島観光の一中心で,伊達氏代々の菩提寺瑞巌(ずいがん)寺,五大堂,観瀾亭や水族館があり,観光船が発着する桟橋の周辺に多くの旅館,みやげ物店が集まる。…

【耳川の戦】より

…1578年(天正6)11月12日に日向国高城(たかじよう)(現,宮崎県北諸県郡高城町)をめぐって行われた大友氏と島津氏の決戦。薩摩・大隅両国の大名島津義久は,77年末に隣国最有力の大名で大友氏と同盟関係にある伊東氏を日向から駆逐した。…

※「高城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android