コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木宇考 ささき うこう

1件 の用語解説(佐々木宇考の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木宇考 ささき-うこう

1739-1820 江戸時代中期-後期の俳人。
元文4年生まれ。加藤暁台(きょうたい)の門人。のち常世田長翠の影響をうける。寛政12年「芭蕉(ばしょう)翁発句集蒙引」を刊行。遺稿集に長男宇喬編「ひとつ松」がある。文政3年3月7日死去。82歳。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。名は記達。通称は久右衛門。別号に栗斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐々木宇考の関連キーワード飯田無物乾壺外北尾重政(初代)三鍼高瀬利兵衛樗雲独麟堀井軒由良箕山吉成宝馬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone