コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木宇考(読み)ささき うこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木宇考 ささき-うこう

1739-1820 江戸時代中期-後期の俳人。
元文4年生まれ。加藤暁台(きょうたい)の門人。のち常世田長翠の影響をうける。寛政12年「芭蕉(ばしょう)翁発句集蒙引」を刊行。遺稿集に長男宇喬編「ひとつ松」がある。文政3年3月7日死去。82歳。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。名は記達。通称は久右衛門。別号に栗斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android