コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木定重 ささき さだしげ

1件 の用語解説(佐々木定重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木定重 ささき-さだしげ

?-1191 鎌倉時代の武将。
佐々木定綱の次男。建久2年延暦(えんりゃく)寺領近江(おうみ)(滋賀県)佐々木荘内に年貢未納を口実に乱入した日吉社の宮仕(みやじ)らを殺害。このため延暦寺衆徒の強訴(ごうそ)をうけ,対馬(つしま)へ流罪ときまったが,同年5月20日近江唐崎で衆徒により殺された。通称は小次郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐々木定重の関連キーワード佐々木貞清佐々木定詮佐々木高信佐々木仲親佐々木泰清佐々木泰綱佐々木義清佐々木善住佐々木頼綱佐々木頼信