コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木定重 ささき さだしげ

1件 の用語解説(佐々木定重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木定重 ささき-さだしげ

?-1191 鎌倉時代の武将。
佐々木定綱の次男。建久2年延暦(えんりゃく)寺領近江(おうみ)(滋賀県)佐々木荘内に年貢未納を口実に乱入した日吉社の宮仕(みやじ)らを殺害。このため延暦寺衆徒の強訴(ごうそ)をうけ,対馬(つしま)へ流罪ときまったが,同年5月20日近江唐崎で衆徒により殺された。通称は小次郎

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木定重の関連キーワード善導寺臨済宗赤間神宮栄西寛喜新制九条兼実建久新制宣陽門院ハインリヒ[6世]ベルン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone