コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木柳庵 ささき りゅうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木柳庵 ささき-りゅうあん

1816-1871 江戸時代後期の儒者。
文化13年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩の儒者青山延于(のぶゆき)の第3子。佐々木重晁(しげあき)の養子。天保(てんぽう)13年彰考館にはいり,弘化(こうか)2年弘道館訓導となった。明治4年死去。56歳。名は延之,のち重之。字(あざな)は叔卿。通称は鉄三郎,六大夫。著作に「柳菴文集」「和漢一轍」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木柳庵の関連キーワード廃藩置県バイロン高山陣屋跡ウュルテンベルク金本位制度おもなお雇い外国人カッテンダイケグナイストフォルカードボップ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android