コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木遊古子 ささき ゆうこし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木遊古子 ささき-ゆうこし

1675-1721 江戸時代前期-中期の女性。
延宝3年生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩主宗義真(そう-よしざね)の側室で,3子を生む。才色兼備,ひとにやさしくみずからにきびしい性格で,勤勉質素を心がけ,雨森芳洲(あめのもり-ほうしゅう)に「日本女子の亀鑑(きかん)」とたたえられた。享保(きょうほう)6年7月14日死去。47歳。名は筆。別号に無尽子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木遊古子の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ミレスクスピノザ談林十百韻山鹿素行光の科学史天文学史(年表)成瀬正起了眠衍月カリエーラ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android