コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木遊古子 ささき ゆうこし

1件 の用語解説(佐々木遊古子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木遊古子 ささき-ゆうこし

1675-1721 江戸時代前期-中期の女性。
延宝3年生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩主宗義真(そう-よしざね)の側室で,3子を生む。才色兼備,ひとにやさしくみずからにきびしい性格で,勤勉質素を心がけ,雨森芳洲(あめのもり-ほうしゅう)に「日本女子の亀鑑(きかん)」とたたえられた。享保(きょうほう)6年7月14日死去。47歳。名は筆。別号に無尽子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木遊古子の関連キーワード談林十百韻光の科学史了眠衍月享保の改革企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉日系人帰国支援事業帰国支援事業阿部忠秋

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone