コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀鑑 キカン

デジタル大辞泉の解説

き‐かん【亀鑑】

《「」は甲を焼いて占ったもの。「」は鏡の意》行動や判断の基準となるもの。手本模範。「教育者の亀鑑ともいうべき人物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きかん【亀鑑】

〔「亀」は昔、その甲を焼いて吉凶を判断したもの、「鑑」は鏡の意〕
人のおこないの手本。模範。 「以て世人の-に供す可し/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

亀鑑の関連キーワード市川 小団次(5代目)フーフェラントフーフェランド学問ノススメ佐々木遊古子中城 ふみ子浜 梨花枝広瀬 武夫池田 亀鑑中城ふみ子弁内侍日記12月9日長野 甞一水無瀬三吟島津家文書二条昭実井上省三伊勢物語上京文書土佐日記

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android