亀鑑(読み)キカン

デジタル大辞泉の解説

《「」は甲を焼いて占ったもの。「」は鏡の意》行動や判断の基準となるもの。手本。模範。「教育者の亀鑑ともいうべき人物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「亀」は占いに用いる亀の甲、「鑑」は鏡の意) 行為、判断の基準になるもの。手本。模範。亀鏡。
※日本後紀‐弘仁六年(815)九月辛未「人倫之亀鑑」
※浮世草子・西鶴織留(1694)序「日用世をわたるたつきにこころを得べき亀鑑(キカン)たるべきものにして」 〔蘇軾‐乞校正陸贄奏議進御箚子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀鑑の関連情報