コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀鑑 キカン

2件 の用語解説(亀鑑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐かん【亀鑑】

《「亀」は甲を焼いて占ったもの。「鑑」は鏡の意》行動や判断の基準となるもの。手本。模範。「教育者の亀鑑ともいうべき人物」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きかん【亀鑑】

〔「亀」は昔、その甲を焼いて吉凶を判断したもの、「鑑」は鏡の意〕
人のおこないの手本。模範。 「以て世人の-に供す可し/学問ノススメ 諭吉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀鑑の関連キーワード足占琴占鹿占卜食亀甲土風炉常陸帯根焼焼い嗅がし

亀鑑の関連情報