コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木頼泰 ささき よりやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木頼泰 ささき-よりやす

?-? 鎌倉時代の武将。
佐々木泰清(やすきよ)の次男。出雲(いずも)(島根県)塩冶(えんや)氏の祖。弘安(こうあん)元年(1278)父の跡をつぎ出雲守護となり,鰐淵寺(がくえんじ)衆徒に対し,ひきつづき三重塔婆造営に協力するようもとめた。7年には謀反人北条時輔(ときすけ)の遺児の諸所巡回を警戒するよう領内に命じた。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木頼泰の関連キーワード佐々木泰清佐々木貞清鎌倉時代

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android