コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間佐兵衛 さくま さへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間佐兵衛 さくま-さへえ

1833-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。伯父にやしなわれ赤川姓を名のる。水戸の会沢正志斎(あいざわ-せいしさい)にまなび,帰郷後,佐久間氏をつぎ,藩校明倫館の助教。のち京都で尊攘(そんじょう)派として活躍。禁門の変で敗れて帰藩後捕らえられ,元治(げんじ)元年11月12日処刑された。32歳。本姓は中村。名は忠亮,義済。通称ははじめ直次郎。号は淡水,思斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐久間佐兵衛

没年:元治1.11.12(1864.12.10)
生年天保4(1833)
幕末の長州(萩)藩士。藩要路にあって尊攘運動を支援。元治1(1864)年,福原越後の軍に参謀として加わり上洛。禁門の変に敗北し帰藩。第1次長州征討下に誕生した佐幕派藩庁により処刑された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐久間佐兵衛の関連キーワード中村九郎没年

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android