コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間瑞枝 さくま みずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間瑞枝 さくま-みずえ

1836-1908 幕末-明治時代の女性。
天保(てんぽう)7年生まれ。勝海舟の妹。嘉永(かえい)5年佐久間象山(しょうざん)と結婚。象山が暗殺されたのちは順子から瑞枝と改名し,兄海舟の世話をした。慶応4年上野戦争で新政府軍の一隊が海舟をもとめて邸内に侵入した際,平然として隊員を説得したという。明治41年1月3日死去。73歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐久間瑞枝の関連キーワード監獄法ビュヒナー(Karl Georg Büchner)国木田独歩国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説郡内騒動天保の飢饉タルカット