コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象山 キサヤマ

デジタル大辞泉の解説

きさ‐やま【象山】

奈良県中部、吉野町宮滝にある山。[歌枕]
「み吉野の―の際(ま)の木末(こぬれ)にはここだもさわく鳥の声かも」〈・九二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きさやま【象山】

奈良県吉野町宮滝の南西にある山。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の象山の言及

【佐久間象山】より

…幕末の思想家,〈東洋道徳・西洋芸術〉の観念の主唱者。名は啓,通称は修理,象山は号。信州松代藩下級武士の子として同地に生まれる。…

※「象山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

象山の関連情報