コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯灯籠

デジタル大辞泉プラスの解説

佐伯灯籠

京都府亀岡市ひえ田野町佐伯(“ひえ”の正しい表記は草かんむりに“稗”)に伝わる神事、また民俗芸能。もとは、ひえ田野神社の夏の祭礼の際に、神輿に随行する灯籠による一連の行事をさすが、近年では「役灯籠」「台灯籠」の二種類の灯籠のうち「台灯籠」上で演じられる人形浄瑠璃をさすことが多い。2009年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

佐伯灯籠の関連キーワード京都府亀岡市ひえ田野町佐伯灯籠人形

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android