コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐橋富三郎 さばし とみさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐橋富三郎 さばし-とみさぶろう

?-1893 明治時代の歌舞伎作者。
京阪歌舞伎界の立作者として活躍。明治20年上京し,春木座の座付き作者となった。代表作に中村正直(まさなお)訳「西国立志編」を脚色した「鞋補童教学(くつなおしわらんべのおしえ)」「其粉色陶器交易(そのいろどりとうきのこうえき)」など。明治26年1月14日死去。尾張(おわり)(愛知県)出身。初名は佐橋玉輔。前名は佐橋五湖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐橋富三郎の関連キーワード名工柿右衛門明治時代散切物

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android