コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐治宗貞 さじ むねさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐治宗貞 さじ-むねさだ

?-1532 戦国時代の武将。
三河(愛知県)守護一色氏の家臣。同氏の衰亡後,勢力をひろげ,尾張(おわり)(愛知県)宮山城主になった。享禄(きょうろく)5年5月1日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐治宗貞の言及

【佐治氏】より

…中世後期の武家。《太平記》によれば建武年間(1334‐38)に佐治孫三郎某が丹波に住したとあり,おそらくその本貫地は氷上郡佐治(現,兵庫県氷上郡青垣町)と考えられる。南北朝時代の観応の擾乱(じようらん)のころ,高師直の一族,師詮が丹波・丹後の守護に就任し,佐治氏と高氏との被官関係が成立したと推定され,以後佐治氏は高氏の内衆として活動する。1404年(応永11)1月,高師英が山城守護に就任すると,佐治守直はその守護代に登用され,11年まで山城国内各荘園の遵行・打渡しに当たっている。…

※「佐治宗貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐治宗貞の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android