法華一揆(読み)ほっけいっき

百科事典マイペディアの解説

法華一揆【ほっけいっき】

戦国時代,京都の町衆を主体とした日蓮宗(法華宗)徒の一揆。天文(1532年―1555年)の初期,日蓮宗は京都町衆の中に根を張り宗徒はしばしば一揆を起こした。1532年細川晴元は一向宗徒討伐のため法華一揆の力を利用して山科(やましな)本願寺を焼いた。日蓮宗徒は延暦寺に対しても挑戦的だったので,1536年延暦寺宗徒6万は日蓮宗の21の寺を焼き払い法華一揆を壊滅させた。天文法華の乱(天文法乱)といわれる焼打ち以後,1542年まで日蓮宗は京都で禁教の状態にあった。
→関連項目上京・下京細川晴元本能寺妙蓮寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっけいっき【法華一揆】

1532‐36年(天文1‐5)日蓮宗の京都町衆信者(町衆)が中心となって起こした一揆。一向一揆との対比で名付けられた呼称。戦国時代の京都の町屋地域は〈題目の巷(ちまた)〉といわれたほど,日蓮宗が町衆社会に盛行し,洛中には二十一本山と呼ばれた日蓮宗の大寺が栄えた。おりしも洛東の山科(やましな)にあった本願寺は畿内の門徒に指令して一向一揆を起こし,この一揆は堺や奈良に放火し,ついで京都乱入の勢いを示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほっけ‐いっき【法華一揆】

〘名〙 室町末期、京都の町衆を中心とする日蓮宗徒が起こした一揆。他宗徒との抗争をしばしば繰り返し、天文元年(一五三二)には畿内に波及した一向一揆と衝突して、山科本願寺を焼き払うなどして京都市中に勢力をはったが、同五年、天文法華の乱の後、日蓮宗徒は京都内外から追放され、同一一年に勅許された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の法華一揆の言及

【一向一揆】より

… 32年(天文1)証如は細川晴元の要請で河内飯盛山城に畠山義宣,堺南荘に三好元長を滅ぼし,これに勢いを得た大和一向一揆が蜂起して興福寺を焼き払う。この事件に反発した京都の日蓮宗門徒は蜂起し(法華一揆)山科本願寺を焼き払い,証如は石山に逃れる。この事態の中で細川晴元は本願寺と手を切り石山御坊を攻めた(天文の乱)。…

※「法華一揆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android