コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡嶋長五郎 さどしま・ちょうごろう

2件 の用語解説(佐渡嶋長五郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

佐渡嶋長五郎

没年:宝暦7.7.13(1757.8.27)
生年:元禄13(1700)
江戸中期の立役の歌舞伎役者。上方の道外形役者で所作事の名手佐渡嶋伝八の子。5歳のときに江戸で演じた碁盤人形の所作は大好評であった。所作事の名人で,「二挺鼓」「後面」「七化」などが有名である。後年剃髪して蓮智坊と称した。その著書『佐渡嶋日記』は歌舞伎に関する自己の経験,見聞,芸論や所作の秘伝を収めている。本書は宝暦5(1755)年ごろ成立,安永3(1774)年,『役者全書』巻4として京の八文字屋より出版され,翌年には『役者論語』に収録されて同じ版元より再び刊行された。歌舞伎の興行,演技,演目などを具体的に知ることのできる貴重な資料である。<参考文献>『日本庶民文化史料集成』6巻

(北川博子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さどしまちょうごろう【佐渡嶋長五郎】

1700‐57(元禄13‐宝暦7)
歌舞伎俳優。父は元禄期京坂の道外方で所作事の名手佐渡嶋伝八。正徳(1711‐16)末から芝居をつとめ,若衆方から立役に進んで,和事,実事をよくしたが,その本領は所作事にあり,三ヶ津で所作事中興の祖,当代随一の名手と賞された。その薫陶をうけた役者は多い。後年剃髪して蓮智坊と称した。著書の《佐渡嶋日記》は舞踊史上貴重。《二挺鼓》《後面(うしろめん)》《碁盤人形》また《七化(ななばけ)》の所作がとくに名高く,これらは伝八が伝えて子の長五郎が完成させたといってよく,父子の歌舞伎舞踊の形成に果たした役割は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の佐渡嶋長五郎の言及

【後面】より

…演者が後頭部に面をつけ,一人で二役を踊り分けること。古くから多く演じられてきたのは,狂言《釣狐》に想を得て白蔵主と狐を踊り分ける趣向で,佐渡嶋長五郎が家の芸としていたものである。これを受けついだ代表作が,1762年(宝暦12)4月江戸市村座で2世瀬川菊之丞が踊った四変化《柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしよちようのさえずり)》の一つで,曲は長唄。…

【碁盤人形】より

…元禄の篠塚庄松,宝永(1704‐11)の篠塚菊松などが有名で,奴踊を碁盤の上で踊る絵ものこっている。また,歌舞伎役者で所作事の上手であった佐渡嶋長五郎は,5歳のときから碁盤人形で人気を博し,9歳まで踊ったと《佐渡嶋日記》にみえる。明治期に高座で落語家が踊ったことがあり,2代三遊亭円三郎の《紺の前垂》や桂扇枝の《松尽し》が有名。…

※「佐渡嶋長五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐渡嶋長五郎の関連キーワード歌舞伎草子元禄歌舞伎遊女歌舞伎歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎役者小さん金五郎歌舞伎踊金屋金五郎佐渡島長五郎(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone