コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碁盤人形 ゴバンニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

ごばん‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【碁盤人形】

碁盤の上に小型の操り人形をのせて舞わせる座敷芸。また、その人形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごばんにんぎょう【碁盤人形】

操り人形の一種。また人形をまねた踊り。宇治加賀掾の元禄(1688‐1704)ころの浄瑠璃《義経追善女舞》に,手妻(てづま)人形を碁盤の上で遣ったことがみえるが,そのはじまりは不明。江戸でも同じ元禄期に小山次郎三郎が碁盤人形を得意とし,碁盤操り,浄瑠璃碁盤人形と称して上演したことが,《松平大和守日記》にみえる。これが歌舞伎にも入り,子ども役者が碁盤の上で踊りをみせ,また座敷芸ともなった。元禄の篠塚庄松,宝永(1704‐11)の篠塚菊松などが有名で,奴踊を碁盤の上で踊る絵ものこっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごばんにんぎょう【碁盤人形】

近世の座敷芸の一。手遣い人形を碁盤の上で踊らせるもの。
をまねて子供役者が碁盤上で所作する舞踊芸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

碁盤人形の関連キーワード人形(にんぎょう)佐渡嶋長五郎佐渡島伝八手遣い人形車人形近世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android