碁盤人形(読み)ゴバンニンギョウ

  • ごばんにんぎょう ‥ニンギャウ
  • ごばんにんぎょう〔ニンギヤウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

操り人形の一種。また人形をまねた踊り宇治加賀掾元禄(1688‐1704)ころ浄瑠璃《義経追善女舞》に,手妻(てづま)人形を碁盤の上で遣ったことがみえるが,そのはじまりは不明。江戸でも同じ元禄期に小山次郎三郎が碁盤人形を得意とし,碁盤操り浄瑠璃碁盤人形と称して上演したことが,《松平大和守日記》にみえる。これが歌舞伎にも入り,子ども役者が碁盤の上で踊りをみせ,また座敷ともなった。元禄の篠塚庄松,宝永(1704‐11)の篠塚菊松などが有名で,奴踊を碁盤の上で踊る絵ものこっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

近世の座敷芸の一。手遣い人形を碁盤の上で踊らせるもの。
をまねて子供役者が碁盤上で所作する舞踊芸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 座敷での芸の一つ。操人形(あやつりにんぎょう)を碁盤の上にのせて、その背後から手を入れ、踊らせる技。また、その人形。
※随筆・独寝(1724頃)下「立ツ松三郎兵衛がごばん人形の弁慶を見るが如く」
② 舞踊の一種。子供役者などが碁盤の上で操人形をまねた所作をする芸。
※歌舞伎・一心女雷師(1699)五「絶間介太夫其外一家の人々芸者に成りこはんにんきゃうその外いろいろの芸を尽し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android