コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐立七次郎 さたて しちじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐立七次郎 さたて-しちじろう

1856-1922 明治-大正時代の建築家。
安政3年生まれ。金子光晴の義祖父。日本郵船の名古屋支店(明治20年),小樽支店(39年)などのほか,水準原点標庫(24年)を設計。イギリス派として知られた。大正11年11月5日死去。67歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。工部大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐立七次郎

没年:大正11.11.5(1922)
生年:安政3(1856)
明治期の建築家。讃岐(香川県)高松に生まれ,明治12(1879)年工部大学校造家学科第1期卒業。同24年官を辞し,日本郵船会社専属に近い形で各地の社屋を設計した。同社小樽支店(1906)が現存する。作家金子光晴の義祖父に当たる。<参考文献>曾禰達蔵「故佐立七次郎君の建築事蹟」(『建築雑誌』1923年8月号)

(越野武)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

佐立七次郎の関連キーワード片山東熊曾禰達蔵大正時代

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android