佐竹永邨(読み)さたけ えいそん

美術人名辞典の解説

佐竹永邨

画家。弘化2年(1845)磐城白川生。本姓は本間、字は千畝、通称は竹松。初め馬弓碧潭・蒲生羅漢、のち佐竹永海に学び、その養子となる。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹永邨 さたけ-えいそん

1845-1922 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)2年2月23日生まれ。蒲生羅漢(がもう-らかん),佐竹永海に師事。永海の次女と結婚し,佐竹姓を名のる。明治10年内国勧業博覧会に「山水」を出品。日本美術協会委員,日本画会委員,正派同志会評議員などをつとめた。大正11年8月7日死去。78歳。陸奥(むつ)白河(福島県)出身。本名は信。字(あざな)は千畝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android