コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義処 さたけ よしずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義処 さたけ-よしずみ

1637-1703 江戸時代前期の大名。
寛永14年8月21日生まれ。佐竹義隆の子。寛文12年出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主佐竹家3代となる。元禄(げんろく)14年弟義長(よしなが)に2万石,甥義都(よしくに)に1万石を分与。評定所の設置,三方(さんかた)の整備など機構を改革,藩文書所(のちの秋田史館)をもうけた。元禄16年6月23日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の佐竹義処の言及

【秋田藩採集古文書】より

…秋田藩が藩士に家蔵の文書,記録,系図等を提出させ,謄写,編纂した古文書集。1696年(元禄9)秋田藩主佐竹義処が開始した佐竹家譜編纂事業の一環として作成され,後年の追加編纂部分を含めて67冊を数える。第1巻に文書目録,次に佐竹氏あて文書の集成たる御文書6冊,以下佐竹一門一家,重臣,旗本諸士の順に家別,編年で編纂した60冊を配する。…

※「佐竹義処」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐竹義処の関連キーワード秋田藩採集古文書戸部一閑斎太田翠陰佐竹義格佐竹義長相馬叙胤佐竹義都岩崎藩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android