コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義隆 さたけ よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義隆 さたけ-よしたか

1609-1672* 江戸時代前期の大名。
慶長14年1月14日生まれ。岩城貞隆の子。元和(げんな)6年父の跡をつぎ,信濃(しなの)(長野県)川中島藩主岩城家2代となる。9年出羽(でわ)亀田(秋田県)2万石に転封。寛永3年伯父佐竹義宣(よしのぶ)の養子となり,10年出羽久保田藩(秋田県)藩主佐竹家2代となる。藩政の基盤づくりにつとめた。寛文11年12月5日死去。63歳。初名は吉隆。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐竹義隆の関連キーワード佐竹義長三宅道的戸村義国佐竹義処秋田音頭佐竹義都岩城吉隆

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android