コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義宗 さたけ よしむね

2件 の用語解説(佐竹義宗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義宗 さたけ-よしむね

?-? 平安時代後期の武将。
佐竹昌義(まさよし)の子。源義朝(よしとも)が平治(へいじ)の乱で敗れると,平氏方の藤原親通(ちかみち)とむすび常陸(ひたち)(茨城県)から下総(しもうさ)に進出。千葉常胤(つねたね)らを追いはらい,永暦(えいりゃく)2年(1161)相馬御厨(そうまのみくりや)を伊勢神宮に寄進し,御厨預職をえた。通称は三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐竹義宗

生年:生没年不詳
平安後期の常陸国(茨城県)の豪族。清和源氏の流れで父は佐竹氏の祖昌義。通称竹田三郎。兄弟に忠義,隆義,昌成らがいる。平治1(1159)年平治の乱で源義朝勢力が没落すると,平氏方有力者である下総守藤原親通と結んで下総国に勢力を拡大。千葉常胤らを排除して,義朝敗死ののち謀反人の所領として闕所となっていた相馬御厨の領有権を主張,応保1(1161)年伊勢神宮に御厨を寄進し,御厨預職を相伝した。相馬御厨の権限は藤原親通の次男親盛(平重盛の義父)より伝領したもの。八条院に出仕し,子の義賢ともども八条院判官代に任じられ,またのちには鳥羽院の近臣として中央政界と密接なかかわりを保った。治承4(1180)年,源頼朝の挙兵に並行して千葉常胤が千田親政(藤原親盛の嫡男)を滅ぼし復権したため,この前後に没落したらしい。<参考文献>野口実『坂東武士団の成立と発展』

(海津一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐竹義宗の関連キーワード清和源氏常陸常陸風土記伊賀理命石城美夜部佐竹秀義佐備大麻呂関俊平平繁盛平忠幹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone