コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤三左衛門 さとう・さんざえもん

1件 の用語解説(佐藤三左衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤三左衛門

生年:生没年不詳
江戸中期の錦魚改良家。大和郡山藩(奈良県)藩士。錦魚(鯉,鮒の変種)の新品種を発見,交配による品種改良を重ね,各地に販売した。元文3(1738)年の春,溜池で紅斑点の混ざった白色の「双尾連生魚」を発見し育養交尾させ,翌年数千尾の胴長で尾の短い「和錦魚」の魚苗を得た。明和年中(1764~72)には短胴尾長の「尾長」(異称「長崎」)を,天明(1781~89)ごろには金色で背鰭のない「ランチウ」(異称「丸魚」)を,さらに文化(1804~18)末になると,「尾長」と「ランチウ」の交配新種「大和錦」(異称「獅子頭」「和蘭陀」)を誕生させた。以来,郡山藩士らによってこれらは育養され,元亀2(1571)年中国から和泉国堺に移入,飼育されて以来愛玩物として珍重されてきた錦魚族に加わった。<参考文献>『大日本水産会報告』98号

(田島佳也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤三左衛門の関連キーワード古澗明誉柏咲大和郡山市郡山城姿の池大和郡山式田喜平庄六

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone