コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤忠次郎 さとう ちゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤忠次郎 さとう-ちゅうじろう

1887-1944 大正-昭和時代前期の実業家。
明治20年1月11日生まれ。14歳から郷里島根県の銅山ではたらくかたわら農具改良の研究をつづけ,大正3年回転式の「サトー式稲麦扱(こき)機」を製造。ついで中耕除草器など各種農業機械を開発,販売し,昭和8年佐藤商会(のちの佐藤造機,現三菱農機)を創立した。11年島根県会議員。昭和19年1月6日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤忠次郎の関連キーワード実業家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤忠次郎の関連情報