コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤晩得 さとう ばんとく

2件 の用語解説(佐藤晩得の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤晩得 さとう-ばんとく

1731-1792 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)16年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の江戸留守居役。馬場存義(そんぎ)の門人で酒井抱一としたしく,西山宗因風をこのんだ。遺句集に「哲阿弥(てつあみ)句藻」,随筆に「古事記布倶路(ぶくろ)」。寛政4年10月18日死去。62歳。名は祐英。通称は又兵衛。別号に哲阿弥,木雁,北斎,朝四など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤晩得

没年:寛政4.10.18(1792.12.1)
生年:享保16(1731)
江戸中期の俳人。通称,又兵衛祐英。堪露,北斎,朝四,木雁,哲阿弥などを号す。居が向島牛島神社近くにあったので,半渚老魚,牛島庵とも称した。秋田角館の人。佐竹藩江戸詰留守居役を勤めた。俳諧は右江渭北門のち馬場存義門。西山宗因の風を慕い,居室に「清談林」の額を掲げたという。谷素外らと考えを同じくした。交流圏は広く,酒井抱一,柳沢信鴻,十寸見蘭洲らと親交する。句集に七回忌刊行の『哲阿弥句藻』がある。多くの著作のうち,諸俳人の逸話を記した『古事記布倶路』は特に有名。

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤晩得の関連キーワード金森桂吾舎羅尼坂好道半井和年藤山惟熊陸雲子岱久太祇釜屋又兵衛住田又兵衛(初代)樗雲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone