コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場存義 ばば ぞんぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場存義 ばば-ぞんぎ

1703-1782 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)16年3月15日生まれ。2代前田青峨にまなぶ。享保(きょうほう)19年俳諧(はいかい)宗匠となり,存義側をひきいて江戸座の代表的点者として活躍した。与謝蕪村(よさ-ぶそん)とも交友があった。天明2年10月30日死去。80歳。江戸出身。別号に泰里(たいり),李井庵,有無庵,古来庵。編著に「遠つくば」「古来庵句集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

馬場存義の関連キーワード朋誠堂喜三二伊勢屋八兵衛存義(初代)司馬可因橋本泰里佐藤晩得酒井抱一多少俳人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android