佐藤杏雨(読み)さとう きょうう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤杏雨 さとう-きょうう

1876-1962 明治-昭和時代の医師,俳人。
明治9年生まれ。軍医などをつとめたのち,京都福知山に病院を設立する。石井露月に師事し,福知山に俳星会を結成。昭和4年「芝蘭」,9年「芳草」,23年「余花」などの句誌を創刊,主宰した。昭和37年6月26日死去。86歳。京都出身。京都府立医学校(現京都府立医大)卒。本名は総吉。著作に「昭和菜根譚」,句集に「杏雨句集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android