余花(読み)ヨカ

デジタル大辞泉の解説

よ‐か〔‐クワ〕【余花】

春に遅れて咲く花。特に、おそ咲きの 夏》「岩水の朱きが湧けり―の宮/不器男」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よ‐か ‥クヮ【余花】

〘名〙
① 咲き残った花。
※文華秀麗集(818)中・晩秋述懐〈姫大伴氏〉「菊潭帯露余花冷、荷浦含霜旧盞残」
② 春に遅れて咲く花。特に、おそ咲きの桜。《季・夏》
※新撰朗詠(12C前)上「霞を伴って尽き難し、余花の艷、雪に哥って未だ帰らず、好鳥の声〈藤原明衡〉」
③ 世阿彌の能楽論で、性花(しょうか)以外の花。用花(ようか)
※拾玉得花(1428)「上士は広大の眼なるほどに、又余花(ヨクヮ)をも嫌ふ事あるまじき也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android