コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井露月 いしい ろげつ

美術人名辞典の解説

石井露月

明治・大正・昭和時代俳人。秋田県生。通称祐治。新聞『小日本』『日本新聞』の記者を務めた後、医学を志し医師になる。その傍ら『俳星』『亙川』『雲従』等の雑誌を発行した。昭和3年(1928)歿、56才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いしい‐ろげつ〔いしゐ‐〕【石井露月】

[1873~1928]俳人。秋田の生まれ。本名、祐治。正岡子規知遇を得て「日本派」に属した。雑誌「俳星」を創刊。句集「露月句集」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井露月 いしい-ろげつ

1873-1928 明治-昭和時代前期の俳人。
明治6年5月17日生まれ。上京して明治27年から正岡子規に師事し,新聞「日本」の記者となる。のち医師試験に合格し,秋田で開業。33年島田五空らと「俳星」誌を創刊,子規の日本派俳風をひろめた。昭和3年9月18日死去。56歳。秋田県出身。秋田中学中退。本名は祐治。
【格言など】草枯や海士(あま)が墓皆海に向く

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしいろげつ【石井露月】

1873~1928) 俳人。秋田県生まれ。本名、祐治。医業のかたわら「俳星」を創刊、日本派を普及した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石井露月
いしいろげつ
(1873―1928)

俳人。本名祐治(ゆうじ)。秋田県河辺郡戸米川村(現秋田市)に生まれる。秋田中学中退。上京して正岡子規(しき)の知遇を得、『小日本』『日本』記者となり、俳句に導かれた。子規は河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)、高浜虚子(きょし)と並び「警抜」と評した。1898年(明治31)医師試験に合格し帰郷。『俳星』を創刊して日本派を普及、医業のかたわら青年たちを指導した。死後『露月句集』(1931)、文集『蜩(ひぐらし)を聴きつゝ』(1935)が出た。[福田清人]
 秋立つか雲の音聞け山の上
『福田清人著『俳人石井露月の生涯』(1949・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石井露月の関連キーワードホトトギス(俳句雑誌)秋田県秋田市雄和妙法戸沢 百花羞佐々木 北涯佐藤 杏雨島田 五空戸沢百花羞平川 へき永尾 宋斤花岡 正庸5月17日佐々木北涯秋田(市)福田 清人庄司 瓦全福田清人島田五空佐藤紅緑岩動炎天佐藤杏雨

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android